効果重視なら高分子のフコイダン

フコイダンは、めかぶや昆布などの褐藻類のぬるぬるとして成分の中に含まれている多糖類を言います。この成分が含まれるものはカルシウムなどのミネラルやビタミンなどの栄養が多く含まれています。またぬるぬるとした成分にはアルギン酸も含まれており、このアルギン酸はコレステロールの抑制作用や血圧降下作用などが期待できるため注目されている成分です。またぬるぬる成分の中も含まれています。海藻の種類によっても異なりますが、もずくには硫酸化成分が多く含まれており、この硫酸化成分はがんに有効な成分であり、がんを抑制する効果が期待できるのです。医学的なメカニズムは全て解明されていませんが、摂取することで免疫力の強化や、新生血管抑制作用があり、がん細胞の内部に影響が行かないような作用が期待できるのです。

効果を重視する場合の選択方法について

様々な種類があるため、どれを選んでよいか迷うこともあります。特に分解したものと高分子化したものがあり、どちらも良い効果が期待でそうな印象です。前者の分解した場合は、吸収率が良く必要成分以上に身体の中に行き渡る印象があり吸収率が良い印象があり選んでしまいますが、実は効果を重視するのであれば、後者を選ぶことが良い選択です。多糖類の固まりが硫酸化された物質がフコイダンで、それぞれが強い物質で鎖状に多糖類が結びついた物質です。同じ量を摂取するのであれば比較した場合は、高分子の方が高い効果を発揮するという研究結果で報告されているという声もあります。また、同じ昆布などから少量とれる褐藻類に含まれている色素も強力な活性をもつ成分で、褐藻素も取り入れてがんの治療サポートをすることもあるようです。

治療にも使われている成分でもある

昆布やもずくなどの褐藻類から抽出される成分で海藻などのぬめりの多く含まれている成分です。糖をメインに、糖やぬめりの元になる硫酸基が網目のように結合して塊となった状態です。糖の組み合わせなどにより海藻によってそれぞれ異なり一定ではなく、もずくや昆布などそれぞれから抽出する場合には化学構造が大きく異なり活性度なども異なります。このように多くの糖が結合したものを多糖体といい、効果を発揮するためには結合サイズが重要なのです。そのためバラバラに分解してしまうと活性が落ちてしまい、実は学術的には硫酸化多糖体は高分子成分のことを言っており、分解したものは学術的には存在しないもので、本来は分解したものはフコイダンではないと言えるのです。