良いとこ取りの全分子のフコイダン

ガン細胞はとても速いスピードで増殖をしていきますが、フコイダン分子を取り入れることで細胞死を引きおこさせるなどして増殖を防げる可能性があります。正常な細胞には、古くなったら自発的にほかの細胞などが使うことができる栄養成分の形に変化するアポトーシスというメカニズムが存在しています。ガン細胞はそれを無視して増え続ける傾向があって、ガン細胞の増加にかかわっている成分は細胞の栄養分であるグルコースです。低糖質な食事を続けることでガンの進行を抑えることができるといわれるのも、糖の1種であるグルコースを血中から少なくすることができるためですが、正常な細胞まで栄養が失われ体力の低下につながってしまってよくありません。無理に糖質を控えなくても、疑似グルコースを取り込むことでガン細胞にアポトーシスを引き起こさせることができます。

グルコースを取り込むのが早いガン細胞

良いとこ取りと言われる理由は、取り込みやすさと効き目に違いがあるからです。フコイダン分子があらゆるサイズで入っていることで、どんな体質の人でも一定割合取り込むことができるようになります。p53誘導体DBグルコースと同様な働きが期待できて、特殊加工されたグルコースが正常細胞より早くガン細胞が大量に取り込むため、アポトーシス誘導が期待できます。ガン細胞が勝手に新しく血管を作ってしまうことも抑制され、正常な細胞の形態に戻ることもあります。抗がん剤などのように激しい副作用が起きる心配がないですが、食欲が増進する可能性が指摘されており、コントロールが必要になってきます。現在治療を受けているものがある場合、不要な影響を与えないか医師に相談して取り入れる必要があります。

予防としても利用が可能な成分の摂取

ガンの予防のためにも、優れた効果が期待できます。しかし、ガン患者と同様の量の摂取は必要ありません。人の体の中には毎日ガン細胞が生まれていますが、通常は免疫が活躍してくれているため、増殖することは少なくなります。体が弱っていて、免疫の活動が低下しているときなどはサポートとして取り込むのもよい方法です。ネバネバ成分のある海藻を食べるようにしたり、市販されているサプリメントなどで予防は十分に期待できますが、親族にガンになっている人が多い場合などは、ある程度濃度のあるものを取り入れたほうが、ガン細胞の発生を抑えて毎日の暮らしを健やかにしてくれます。研究開発が続けられている分野のため、今後も情報を見ながら毎日の生活にフコイダン分子を取り入れるとよいでしょう。